グーグル、運転席のない自動運転車を開発

2人乗り小型電気自動車、数年内に利用可能に?

 5月27日、グーグルの共同創業者、セルゲイ・ブリン氏は、ハンドルやアクセルおよびブレーキペダルがない自動運転車のプロトタイプ(試作車)を開発していると明らかにした。写真は同社提供(2014年 ロイター/Google Inc)

[ランチョ・パロス・ベルデス(米カリフォルニア州) 27日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>の共同創業者、セルゲイ・ブリン氏は当地で開催されたイベントで、ハンドルやアクセルおよびブレーキペダルがない自動運転車のプロトタイプ(試作車)を開発していると明らかにした。

同氏によると、プロトタイプは2人乗りの小型電気自動車。グーグルは、自動車部品サプライヤーや自動車メーカーと協力して開発しているという。

ブリン氏は、グーグルは近い将来に最大200台の生産を目指しており、数年内に複数の都市で利用可能となることを希望していると述べた。

グーグルは2009年以降、自動運転車の研究をしている。これまでは、人が運転席に乗って状況に応じて操作する必要があったが、新たに開発されたモデルは100%自動で運転する。形状は「スマート」とフォルクスワーゲンの「ビートル」の掛け合わせのよう。

ブリン氏は自身の試乗体験について、「乗ってすぐに私は電子メールを始めて、そこにいることを忘れていた」と語り、「スキーリフトに乗っているような感覚」と表現した。

ブリン氏はグーグルが自動運転車を自社で生産・販売する計画であるかは明らかにせず、「提携先と協力する」と述べるにとどまった。

自動運転車の最高速度は現在、時速25マイル(40キロ)に制限されているが、ブリン氏は安全性が確認されれば、100マイルまで速度を上げることも可能になるとの見方を示した。

「数年内に、われわれが定めた安全基準を満たし、運転手なしでの試乗が開始できることを私は望んでいる。数カ所の都市で限定的に利用が可能になることも願っている」と述べた。

米国では、カリフォルニアやネバダを含む複数の州で自動運転車の公道での試乗が可能となっている。ブリン氏は、新たな自動運転車について、今後、米国や海外で試乗への承認を得られると楽観視していると語った。

 *写真を差し替えます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。