グーグル、運転席のない自動運転車を開発

2人乗り小型電気自動車、数年内に利用可能に?

 5月27日、グーグルの共同創業者、セルゲイ・ブリン氏は、ハンドルやアクセルおよびブレーキペダルがない自動運転車のプロトタイプ(試作車)を開発していると明らかにした。写真は同社提供(2014年 ロイター/Google Inc)

[ランチョ・パロス・ベルデス(米カリフォルニア州) 27日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>の共同創業者、セルゲイ・ブリン氏は当地で開催されたイベントで、ハンドルやアクセルおよびブレーキペダルがない自動運転車のプロトタイプ(試作車)を開発していると明らかにした。

同氏によると、プロトタイプは2人乗りの小型電気自動車。グーグルは、自動車部品サプライヤーや自動車メーカーと協力して開発しているという。

ブリン氏は、グーグルは近い将来に最大200台の生産を目指しており、数年内に複数の都市で利用可能となることを希望していると述べた。

グーグルは2009年以降、自動運転車の研究をしている。これまでは、人が運転席に乗って状況に応じて操作する必要があったが、新たに開発されたモデルは100%自動で運転する。形状は「スマート」とフォルクスワーゲンの「ビートル」の掛け合わせのよう。

ブリン氏は自身の試乗体験について、「乗ってすぐに私は電子メールを始めて、そこにいることを忘れていた」と語り、「スキーリフトに乗っているような感覚」と表現した。

ブリン氏はグーグルが自動運転車を自社で生産・販売する計画であるかは明らかにせず、「提携先と協力する」と述べるにとどまった。

自動運転車の最高速度は現在、時速25マイル(40キロ)に制限されているが、ブリン氏は安全性が確認されれば、100マイルまで速度を上げることも可能になるとの見方を示した。

「数年内に、われわれが定めた安全基準を満たし、運転手なしでの試乗が開始できることを私は望んでいる。数カ所の都市で限定的に利用が可能になることも願っている」と述べた。

米国では、カリフォルニアやネバダを含む複数の州で自動運転車の公道での試乗が可能となっている。ブリン氏は、新たな自動運転車について、今後、米国や海外で試乗への承認を得られると楽観視していると語った。

 *写真を差し替えます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT