プレステ5、2つの技術革新で狙う「PS4超え」

初日販売分は完売、「圧倒的な没入感」を演出

ソニーが発売するプレイステーション5の販売は出足好調だ(ソニー・インタラクティブエンタテイメント提供)

「プレイステーション4の発売初年度実績である、760万台以上の達成を目指す」

ソニーの十時裕樹CFOは10月28日に開いた業績説明会で、11月12日に発売される次世代ゲーム機「PS(プレイステーション)5」の販売目標に初めて言及した。7年ぶりに投入する新たなゲーム機で、データの高速読み取りや没入感を重視した仕掛けを凝らした自信作だ。

初日販売分では予約のみで完売

出足は好調だ。日本国内でも、ソニーのオンラインストアや家電量販店の予約販売では抽選に外れる人が相次いだ。11月5日、ソニーは12日の発売初日の販売分は予約のみで完売したと発表した。

量販店に行列ができて、新型コロナの感染拡大につながることを防ぐため、取引先である量販店と協力して店頭販売をしないよう申し合わせたという。

ソニーのPS事業を担うソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)のジム・ライアン社長は「12月以降も、ゲーマーの手にPS5を届けるために全力で在庫を積んでいる」と話す。

2021年3月までに760万台という販売規模は、生産体制にも負荷がかかっている。「搭載する部品の生産量から計算すると、限界の台数だった」と部品メーカー関係者は明かす。

次ページ圧倒的な没入感に注力
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT