プロ野球16球団構想、夢は実現するか?

自民党の日本再生ビジョンに、甘利大臣がコメント

 5月27日、自民党の日本経済再生本部は「日本再生ビジョン」で、地域活性化の起爆剤のひとつとして「プロ野球16球団構想」を提案。市場で話題になっている。写真は甘利経済再生相。都内で4月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター] - 「アイディアとしては面白いなというくらいで、政府が強引に舵を切ることでもないと思う」──。自民党が地域活性化策として「プロ野球16球団構想」を提言していることに関連し、政府として検討対象になるかとの質問に、甘利明経済再生相は笑いながらこう答えた。

自民党の日本経済再生本部(本部長:高市早苗政調会長)は先週まとめた「日本再生ビジョン」で、地域活性化の起爆剤のひとつとして、プロ野球の球団数を12球団から16球団に拡大させ、4リーグ制とする「プロ野球16球団構想」を提案。市場で話題になっている。

27日の閣議後会見で「16球団構想」について尋ねられた甘利担当相は、メリットは「Jリーグにみられるような、地域振興策として、ひとつのアイディアだと思う」とする一方で、「懸念は、自民党案では全体を16にして4チームづつ4リーグにするという。ひとつのリーグのチーム数があまり減ると、醍醐味がなくなる」と指摘。「リーグは今の最低6チームを維持してもらいたい」と野球談議に発展した。

続けて「そうすると24チームになり、サポーターが賄いきれるかというのが課題だ。主力選手の年俸がみな1000万円以下なら夢がなくなる」とも語り、「採算がとれるか。子供たちの夢の対象であり続けるかも大事だと思う」と述べた。

成長戦略として政府の検討対象になるかとの質問には「まーどうですかねえ」と一呼吸置いてアイディアの域を越えないとし、「個人的には巨人ファン。また優勝してもらいたい」と締めくくった。

(吉川裕子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。