サムスン電子、新型スマートウォッチ発表へ

はやければ6~7月に

 5月23日、米WSJ紙は、韓国サムスン電子が携帯電話と接続せずに着発信が可能となるスマートウォッチを開発していると報じた。写真は2011年10月、ソウルで(2014年 ロイター/Jo Yong-Hak)

[23日 ロイター] - 韓国サムスン電子<005930.KS>が、携帯電話と接続せずに着発信が可能となるスマートウォッチを開発している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が23日報じた。

サムスンは6─7月に発表したい考えという。

同紙が情報筋の情報として伝えたところによると、サムスンは米国や韓国、欧州の通信会社と「ウォッチフォン」について協議している。

新たなスマートウォッチは、基本ソフト(OS)「タイゼン」を搭載し、カメラや電子メール処理機能、心拍数モニターなどを備えるという。

サムスンはコメントを差し控えている。

サムスンの「ギャラクシーギア」を含め、現在発売されているスマートウォッチは、電話の受信やメッセージの発信などを行うには、携帯電話への接続が必要となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT