「米テスラ工場へ、電池セルは独占的に生産」

パナソニック専務がテスラとの関係を強調

 5月23日、パナソニックの伊藤好生専務は、米テスラ・モーターズが米国内で建設を計画するリチウムイオン電池工場について、セル生産は独占的に行いたいとの意向を示した。写真はテスラのロゴとパナソニックのリチウムイオン電池。昨年11月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[大阪 23日 ロイター] - パナソニック<6752.T>の伊藤好生専務は23日、ロイターなどの取材に対し、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズが米国内で建設を計画するリチウムイオン電池工場について、セル生産を同社が独占的に行う意向を表明した。

テスラは、計画する電池工場の立地の選定に入っており、設備投資負担は、パナソニック以外にも材料メーカーなどに呼び掛けている。

ただ、パナソニックとしては「ビジネスは独占的にしたい」(伊藤専務)と述べ、韓国サムスンSDI<006400.KS>など競合電池メーカーの参加は想定していないとの認識を示した。

一方で、同工場への投資決定の時期について伊藤専務は「(今の段階で)頭の中にない」と述べた。また、投資するにしても、2014年度の現金支出は小さいとの認識を示した。

米電池工場、テスラと週に2─3回協議

すでにパナソニックとテスラは、米国内の電池工場に関する趣意書を締結済み。両社でプロジェクトチームを発足し、週に2─3回の頻度で協議を重ねている。テスラのEVの生産計画・需要動向や、投資規模や投資比率、電池の製造コスト削減などが対象。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、電池工場の建設計画を先行して発表している。これに対してパナソニックの伊藤専務は「一気に数十倍の電池の需要が出てくるとは考えていないので、投資するにしても、需要を確認しながら、少しずつステップ・バイ・ステップで投資するのが正しい」と述べた。

ただ、伊藤専務は「これだけの頻度で話し合いをしているので、(電池工場建設についての)両社の温度差はない」と述べた。

米国内の電池工場でのパナソニックとテスラの役割分担も今後の検討課題だが、「少なくとも電池セルの製造はパナソニックにしか技術はないので、当然、パナソニックが主導する」(伊藤専務)と述べた。

自動車用電池の今期投資は計画比倍増

また伊藤専務は同日、今期の自動車用電池の設備投資額が、計画している140億円から倍額の280億円以上になるとの見通しを示した。

テスラの電池工場への投資はこれに織り込んでいないが、2014―17年の供給契約に基づくテスラ向け円筒型リチウムイオン電池の工場を現在の2拠点から3拠点に拡充することに使う。さらに、ハイブリッド車(HV)の顧客のために加西工場(兵庫県加西市)で製造する角形リチウムイオン電池の増産や、インドに新設する鉛電池工場の投資にも充てる。

 

(村井令二 編集:内田慎一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT