王子様か青い鳥か? 運命の人論の落とし穴

“恋愛を重視するタイプ” そこにつきまとう問題とは

あなたでも運命の出会いを得られる! という救済

白河も当然そのことには気づいている。そんなハードルの高い婚活を社会全体に訴えるわけにはいかない。だから彼女が主張するのは、結婚相手に求める条件をとにかく下げることだ。「王子様」が欲しいなら海外まで探しに行け、そうでないならハードルを下げて日本で婚活しよう。そういうことなのだと思う。

とはいえ、ハードルを下げろと言われて従うなんてのは、自分の格を下げるようでイヤなもの。だから白河は、そんな人たちを説得するためにアメとムチの二正面作戦をとっている。

ムチは、ハードルを高く設定しているとなかなか結婚できないという社会の現実を伝えること。アメは恋愛による救済である。

どういうことかというと、白河は恋愛というレベルを設定することで、経済的・社会的な意味では「王子様」とは呼べない人でも、恋愛においては運命の人かもしれないと主張するのだ。

もちろん、当初想像していた「王子様」とは違うから、それを運命の人と信じ込むために、ほれっぽいことが望ましいけれど、でもあなたでも運命の出会いを得られる! それは大きな救済ではないか。こうして得られる運命の人を白河は「青い鳥」と呼んでいる。

でも、立ち止まって考えてみよう。人ってそんなにほれっぽいものだろうか? もし、初めからそんなに簡単に恋愛して、運命の人だと思い込めるなら、そもそも結婚に困ったりしないのでは?

白河は積極性を主張して、それはそのとおりだと思うけれど、相手の像については結局、「王子様」から「青い鳥」へと看板を掛け替えただけなんじゃないか?

この問題は何も白河だけの特徴ではなくて、恋愛を重視するタイプの婚活論につねに付きまとう陥穽だ。「ときめきも共有した上での結婚」は確かに魅力的だけれど、こんな時代には恋愛と結婚との間に鋭い緊張が走っており、婚活のうえでは「割りきった結婚」も受け入れざるをえない。そんな現実を冷徹に見つめることも必要なのかもしれない。 


「週刊東洋経済」5/17号:誤解だらけの介護職

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT