ホンダのタイ法人、需要減で生産縮小

政情不安で新工場の稼働も後ずれ

 5月22日、ホンダのタイ法人幹部は、アユタヤ工場での生産を60%に縮小したことを明らかにした。写真は同社のロゴ。都内ショールームで昨年4月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[バンコク 22日 ロイター] - ホンダ<7267.T>タイ法人幹部は、アユタヤ工場での生産を60%に縮小したことを明らかにした。需要減が要因。

政情不安の影響で、今年の販売目標12万台は達成できない可能性があるという。

プラチンブリで建設中の新工場稼働は、予定していた2015年4月から半年から1年後ずれすることを決定した。

政情不安の影響で、タイの国内総販売台数は100万台を下回るとの見方を示した。

同幹部は「年初から経済、政治的な環境の悪化を懸念していた」としている。

年間生産能力は、アユタヤ工場が30万台、プラチンブリで建設中の新工場が12万台。

タイの業界団体によると、国内自動車販売台数は4月は前年比33.2%減。2013年は7.7%減の133万台だった。タイでは自動車購入者に対する助成金支給が2012年に切れたことを受け、販売台数が減少している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。