ホンダのタイ法人、需要減で生産縮小

政情不安で新工場の稼働も後ずれ

 5月22日、ホンダのタイ法人幹部は、アユタヤ工場での生産を60%に縮小したことを明らかにした。写真は同社のロゴ。都内ショールームで昨年4月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[バンコク 22日 ロイター] - ホンダ<7267.T>タイ法人幹部は、アユタヤ工場での生産を60%に縮小したことを明らかにした。需要減が要因。

政情不安の影響で、今年の販売目標12万台は達成できない可能性があるという。

プラチンブリで建設中の新工場稼働は、予定していた2015年4月から半年から1年後ずれすることを決定した。

政情不安の影響で、タイの国内総販売台数は100万台を下回るとの見方を示した。

同幹部は「年初から経済、政治的な環境の悪化を懸念していた」としている。

年間生産能力は、アユタヤ工場が30万台、プラチンブリで建設中の新工場が12万台。

タイの業界団体によると、国内自動車販売台数は4月は前年比33.2%減。2013年は7.7%減の133万台だった。タイでは自動車購入者に対する助成金支給が2012年に切れたことを受け、販売台数が減少している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT