伝説の評論家が告白、車選びに外せない新条件

少し例外はあるが、意外にシンプル

買ったのは当然中古。目黒通りにあった中古車店で、好きなボディカラーに塗ってくれて、好きなシートカバーも作ってくれるという条件に飛びついた。

ボディカラーはミルクチョコレート系濃淡の2トーン。シートカバーも淡いミルクチョコレート(をイメージした)系無地で頼んだ。

このルノー、今はもうない(あるわけがない)「タクシー上がり再生車」(タクシーでお役ご免になったものを再生したクルマ)だったが、見事に再生。

特別な、他にない、やたら人目を引く、、そんな4 CVに仕上がった。僕は得意になって乗り回した。銀座や赤坂でも人目を引いた。

パワーはなくスピードは望めなかったが、身のこなしは軽快で楽しめた。ここは、当時の日本車とは大きな違いだ。

愛車歴に名を連ねたクルマ

以後、僕の愛車歴に名を連ねたクルマは、、MG、アルファロメオ、ポルシェ、アウディ、メルセデス、ルノー、BMW、VW、MINI、ボルボ、、等々。

まあ、錚々たる顔ぶれだが、僕が乗ったのは、ほとんどコンパクト系。

メルセデスでいえばSLKであり、BMWであれば4、5代目の3シリーズ・クーペや初代Zであり、アウディでいえば80クアトロ、TT、初代A4アバント、、といったところ。

アウディは200クアトロも買ったが、これは欧州家族旅行の足に使った流れで、なんとなく買ってしまった。

アルファロメオは昔(1963年)のジュリアスーパーと155、164。164はややオーバーサイズ気味だったが、デザインにも走りにも強く惹かれて、ちょっとルールを超えた。

ルノーは、シュペール・サンク・バカラと2代目クリオ。ボルボはV50。

MINIは先代のクーパーSコンバーチブルとクーパー。VWはいうまでもなく「ゴルフGTI」。GTIは今乗っているPerformanceが3台目だ。

ポルシェは930と964しか僕の車歴には載っていない。もちろん最新の911も好きだし、ほしいのだが、僕のサイズ枠からははみ出している。

次ページクルマ選びに外せない条件
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT