伝説の評論家が告白、車選びに外せない新条件

少し例外はあるが、意外にシンプル

買ったのは当然中古。目黒通りにあった中古車店で、好きなボディカラーに塗ってくれて、好きなシートカバーも作ってくれるという条件に飛びついた。

ボディカラーはミルクチョコレート系濃淡の2トーン。シートカバーも淡いミルクチョコレート(をイメージした)系無地で頼んだ。

このルノー、今はもうない(あるわけがない)「タクシー上がり再生車」(タクシーでお役ご免になったものを再生したクルマ)だったが、見事に再生。

特別な、他にない、やたら人目を引く、、そんな4 CVに仕上がった。僕は得意になって乗り回した。銀座や赤坂でも人目を引いた。

パワーはなくスピードは望めなかったが、身のこなしは軽快で楽しめた。ここは、当時の日本車とは大きな違いだ。

愛車歴に名を連ねたクルマ

以後、僕の愛車歴に名を連ねたクルマは、、MG、アルファロメオ、ポルシェ、アウディ、メルセデス、ルノー、BMW、VW、MINI、ボルボ、、等々。

まあ、錚々たる顔ぶれだが、僕が乗ったのは、ほとんどコンパクト系。

メルセデスでいえばSLKであり、BMWであれば4、5代目の3シリーズ・クーペや初代Zであり、アウディでいえば80クアトロ、TT、初代A4アバント、、といったところ。

アウディは200クアトロも買ったが、これは欧州家族旅行の足に使った流れで、なんとなく買ってしまった。

アルファロメオは昔(1963年)のジュリアスーパーと155、164。164はややオーバーサイズ気味だったが、デザインにも走りにも強く惹かれて、ちょっとルールを超えた。

ルノーは、シュペール・サンク・バカラと2代目クリオ。ボルボはV50。

MINIは先代のクーパーSコンバーチブルとクーパー。VWはいうまでもなく「ゴルフGTI」。GTIは今乗っているPerformanceが3台目だ。

ポルシェは930と964しか僕の車歴には載っていない。もちろん最新の911も好きだし、ほしいのだが、僕のサイズ枠からははみ出している。

次ページクルマ選びに外せない条件
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT