人手不足の老人ホーム、あの手この手で挑む策

離職をどう防ぐかが業界が抱える大きな課題

そこで合掌苑では、当初予定の出勤時間と実際の出勤時間の差、当初予定の退勤時間と実際の退勤時間との差を毎月、職員ごとに集計した。差が15時間を超えた職員は社内報に実名で公表することにより急速に減少し始め、2018年度には平均残業時間が2.1時間にまで減った。「この時間には移動の時間なども含まれますので、サービス残業はほぼなくなりました」(長村マネジャー)。

さらに合掌苑では、シングルマザーの職員も働きやすいように、夜勤専門と日勤専門に完全分離した。勤務体系は3日働いて4連休の後、4日働いて3連休とした。なお、夜間専門の人は、既存の職員とは別に募集をかけている。

夜勤と日勤を分離させる

「従来の、夜勤を行って1.5日休みというローテーションだと、時差ボケみたいに身体のリズムがおかしくなり、ある程度の年齢になると長く続けられなくなってきます。新しい勤務体系だと、連休中に身体のリズムを整えられますので中高年齢者でも働けます」(長村マネジャー)。

また、シングルマザー向けの特別支援策としては、次のようなことも行っている。

・「子供手当」は、18歳まで1児につき月1万5千円だが、シングルマザー・ファーザーには、倍額の3万円を支給。
・「子供の看護休暇」は、法定は、小学校入学までの子供1人につき5日だが、さらに充実させて、中学校入学までの子供1人につき10日まで有給で取得可能。
・「企業内託児室」を設置。平日は、保育園が終わる時間から夜10時まで(遅番勤務終了:夜9時30分)、日曜・祝祭日は終日、子供を預かる。利用料は無料で、小学6年生まで利用可能。

上記のうち、「子供の看護休暇」の取得率はほぼ100%。「託児室」は30人を超える子供が利用しているそうだ。

次ページ定年をあえて設けない施設も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT