『ルポ 貧困大国アメリカII』を書いた堤未果氏(ジャーナリスト)に聞く

『ルポ 貧困大国アメリカII』を書いた堤未果氏(ジャーナリスト)に聞く

「パート1」の前作で、貧困層が最貧困層に転落する姿をリアルにルポしてから2年。リーマンショックに見舞われる一方、オバマ政権が誕生したアメリカでは、中流階層に貧困化が広がっているという。

--オバマ登場で状況は変わりましたか。

オバマ大統領になったときに日本人はものすごく期待した。むしろアメリカ国民以上に。お上にお任せ意識が強いだけ、すばらしい人が現れて前任の暗黒の8年を一変させてくれると思ったのかもしれない。

就任1年で、歴代の大統領でもこんなに支持率が下がった人はいないだろう。日本人の間ではよくわからないという声が聞かれた。

1年たってアメリカ人の生活はとても苦しくなっている。もう夢を見ていられない。実際、政策はさほど変わっていない。戦争予算はハネ上がっているし、社会保障、教育予算は相変わらず削られる。医療破産も変わらないし、家を差し押さえられる人はむしろ増えている。夢が大きかった分、失望も大きい。

報道されているニュースは失業率が少し下がったとか、株価が上がってきたとか、金融危機をアメリカも脱してきているとか。私は人の暮らしがあって社会があると思っているので、人の暮らしが相変わらず悪化しているのなら、それは経済政策の成功とは思えない。

--アメリカ各地に何回も取材に行ったようですね。

何度も行った。正直に言って大変だった。前作の取材の相手がどうしているのか。リベラル派の人たちがどっとオバマ支持になった。そういう人たちをまず訪ねた。アメリカ国内で調べて発信することがずっと難しくなっている。圧力がかかるし、ジャーナリストで逮捕される人も出ている。テレビは「テロとの戦い」をあおるが、国内で起きていること自体はあまり報道しない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。