"出遅れ野球リーグ"が見据える11年越しの悲願

関西独立リーグは「普通の独立リーグ」になるか

2020年の関西独立リーグ開幕戦(写真:筆者撮影)

「関西独立リーグ」をご存じだろうか。日本のプロ野球独立リーグの1つだ。

このリーグは、四国アイランドリーグPlus(以下、四国)、ルートインBCリーグ(以下、BC)とともに元西武、オリックスの石毛宏典氏が設立に関与した。その点では“3兄弟”といえるが、関西独立リーグは長く迷走を続けてきた。

迷走から始まった関西独立リーグ

2009年春、筆者は“初代”関西独立リーグの初年度開幕戦のチケットを購入するために、大阪・心斎橋にあった連盟事務所を訪れた。オープニングイベントなどの打ち合わせに忙しそうで、受付で10分以上待たされた。その対応もよいとはいえなかった。

すでに四国やBCは設立から数年を経て、地域密着型のビジネスモデルへと転換しつつあった。そんな中で関西のマネジメントには、始まりから違和感を抱いた。

2009年のリーグ開幕セレモニー(写真:筆者撮影)

この年の3月27日、京セラドーム大阪で行われた大阪ゴールドビリケーンズと神戸9クルーズの開幕戦には、1万5000人の観客が集まった。橋下徹・大阪府知事(当時)が始球式で投げ、メディアも注目する中で華々しく開幕した。

しかし、その直後からリーグは迷走し始める。5月にはリーグ運営会社が撤退。監督交代や選手の流出などがあった。

その後も関西独立リーグは混乱を極めた。2010年には加盟チームで野球賭博事件が発生するなど、不祥事も頻発。球団が離合集散を繰り返した揚げ句に、関西独立リーグは2013年に活動を停止した。

関西独立リーグの球団だった兵庫ブルーサンダーズと06BULLSが新リーグBASEBALL FIRST LEAGUEを設立し、翌2014年にリーグ戦を開始。同年に姫路GoToWORLDが加入するも、2016年に脱退した。

次ページ混乱続きの歴史を経て…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT