トランプ大統領元側近バノン氏、逮捕される

米検察がメキシコとの壁建設を巡る詐欺罪で

米司法省は20日、元米大統領首席戦略官のスティーブ・バノン容疑者を詐欺の疑いで逮捕・起訴したと発表した。スイス・チューリヒで2018年3月撮影(2020年 ロイター/Moritz Hager)

[ワシントン 20日 ロイター] - 米司法省は20日、元米大統領首席戦略官のスティーブ・バノン容疑者を詐欺の疑いで逮捕・起訴したと発表した。バノン氏は2016年大統領選挙でのトランプ氏勝利の立役者。トランプ氏が公約に掲げた、メキシコからの不法移民を防ぐ国境の壁建設のために集めた資金をだまし取ったという。

マンハッタン連邦地検によると、バノン被告は「われわれは壁を建設する(We Build the Wall)」と名付けられた総額2500万ドルのクラウドファンディングを通して大勢の献金者に対する詐欺行為を行った罪で、他の3人と共に起訴された。

検察当局は、バノン被告が非営利団体を通して100万ドルを超える資金を受け取ったとしている。

トランプ大統領は記者団に対し「非常に残念に思う。しばらくバノン氏とは関わっていなかった」とし、同被告らが手掛けていたプロジェクトについてはほとんど知らなかったと語った。

しかし、自身の16年大統領選の主要公約だった国境の壁建設に絡む詐欺事件であることから、11月の大統領選までわずか3カ月を切る中、再選を目指すトランプ大統領にとっては痛手となる可能性がある。

バノン被告はマンハッタンの連邦地裁に出廷する予定。他の3人もフロリダ州とコロラド州の裁判所に出廷する。有罪になれば、最長40年の禁錮刑の可能性がある。

バノン被告は大統領首席戦略官を2017年8月に退任。同氏の広報担当者からコメントは得られていない。

*内容を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT