「医療重視」は看板倒れ、民主党政権の医療政策、混迷する診療報酬改定 


民主党内でも憂慮の声

こうした状況に危機感を強める民主党議員も少なくない。

「適切な医療費を考える議員連盟」は1月21日、小沢一郎幹事長宛に「緊急提言」を提出。診療所の再診料点数の引き下げを行わないことや、中医協で打ち出された一部病院の入院基本料引き下げの撤回など、7項目の重点事項を要請した。

「7項目は、民主党のマニフェスト実現に最低限必要なもの」と梅村聡・議連事務局長(参院議員)は説明する。

民主党は昨年の総選挙で「医療費の対GDP比水準をOECD諸国並みに引き上げる」と公約している。必要な財源額は7兆円とも10兆円ともいわれる。今回の診療報酬改定は、その公約実現への第一歩となるはずだった。民主党政権は政策の立て直しを迫られている。

(岡田広行 =週刊東洋経済)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング