としまえん跡に「ハリポタ」、西武が描く将来図

世界で2番目の「スタジオツアー」2023年開業

その後、芙蓉総合リースもこのプロジェクトに参加した。スタジオツアーの運営を行うワーナー・ブラザース日本法人に対し、長期にわたって施設をリースする。同社はみずほ銀行系で不動産リースに強みを持つが、「本事業のような用途での取り組みは初めて」(辻田泰徳社長)という。

西武ホールディングスの後藤高志社長(撮影:尾形文繁)

西武ホールディングス(HD)の後藤高志社長は、昨年9月にロンドンのスタジオツアーを視察した。「本当にすばらしい。たいへん見応えのある内容で時間を忘れるほどだった」。今年7月に東洋経済が行った取材で、後藤社長は視察のもようを興奮気味に話した。大人も子どもも楽しそうにハリポタのガウンを着て、つえを持っていたという。大人も虜にしてしまう。これがハリポタの魔力だ。

としまえんの敷地は約21万平方メートル。このうち9万平方メートルがスタジオツアーの敷地となる。施設の広さは約3万平方メートルで、約半日かけて展示スペースを回るという。

西武グループ浮上の力にも

「会社四季報業界地図2020年版」(小社刊)によれば、国内の遊園地、テーマパークの入園者数は、東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)が3256万人、USJが1460万人と多数の客を集めるが、としまえんは1桁少ない113万人にとどまる。もっともスタジオツアーは施設内が混雑しないよう、入場人数を調整してチケットを販売するとしており、オープン後にディズニーリゾートやUSJ並みの集客となることはなさそう。しかし、話題をさらうことは間違いない。

西武としても土地の賃料収入を得るだけでなく、「豊島園駅の改修を含むさまざまなプロモーションプランを検討する」(後藤社長)という。豊島園駅がハリポタの世界感を再現した形でリニューアルされるかもしれないし、ハリポタのラッピング列車が沿線を走る可能性も高い。主要駅でハリポタグッズを販売したり、プリンスホテルでハリポタの宿泊パック商品を販売したりするといったことも考えられる。

鉄道とホテルを事業の2本柱とする西武HDはコロナショックで業績低迷にあえぐ。そんな状況下でのとしまえん閉園は後ろ向きなニュースととらえがちだが、ハリポタのスタジオツアーに生まれ変わるとなれば話は違う。コロナ禍にあって、後藤社長は「ピンチをチャンスと捉えて、経営を強くする」と繰り返し話している。今回のプロジェクトが経営の浮上につながるか、目が離せない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT