中国の国内銀行は、意外に健全?

中国の中央銀行、ストレステストの結果を公表

 4月30日、中国人民銀行は銀行の健全性審査の結果を公表し、不良債権の急増や急激な景気減速に見舞われても、銀行業界に大きな問題は発生しないとの見解を示した。写真は昨年10月、同行前で撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)A man sits in front of the headquarters of the People's Bank of China, the central bank, in Beijing October 17, 2013. China's tolerance for a sustained yuan rally is reinforcing its commitment to wean the economy off of an export dependence, but unapologetic market meddling to hold back the pace of appreciation shows deep wariness of currency liberalisation. Picture taken October 17. To match Analysis CHINA-YUAN/REFORM REUTERS/Kim Kyung-Hoon (CHINA - Tags: BUSINESS POLITICS) - RTX14GN8

[上海 30日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は30日、銀行の健全性審査(ストレステスト)の結果を公表し、不良債権の急増や急激な景気減速に見舞われても、銀行業界に大きな問題は発生しないとの見解を示した。

ただ、一部の銀行は、最悪のシナリオの下で流動性比率の基準を満たせなかった。

人民銀行は、この日発表した年次金融安定報告で「ストレステストの結果、国内商業銀行の資産の質と自己資本比率が比較的高いことが明らかになった」と指摘した。

ストレステストは、人民銀行が昨年末に実施。1)不良債権が400%急増、2)長期金利が上昇、2)人民元が大幅に変動、3)経済成長率が4%に減速、4)地方政府や過剰生産能力を抱える業界の不良債権が15%ポイント上昇──といった条件を想定して銀行の健全性を調査した。

対象は、システム上重要な銀行と認定された国内17行。資産額ベースで国内行の61%を占める。

人民銀行は「最悪のシナリオでも、自己資本比率は10.5%を下回らなかった」と表明した。

ただ、「中程度」のストレスシナリオと「最悪」のストレスシナリオでは、それぞれ1行、3行が流動性比率の基準を満たせなかった。具体的な銀行名や個別行の結果は未公表。

商業銀行は流動性比率を25%以上とすることが義務付けられている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT