外食不況もどこ吹く風、居酒屋の「女子会」が人気

 
 居酒屋イコール男性客というイメージは今や昔。女性客を対象にした宴会プラン「女子会」が人気を集めている。昨年11月以降、モンテローザは関東圏の「笑笑(わらわら)」230店舗、コロワイドは「TAPA」14店舗で導入している。都心では学生やOLなどの20代を中心に利用されているが、郊外になると40代以上の主婦層にも広がっているという。

女子会は通常の宴会プランと比べると客単価が500円程度安いのが特徴。笑笑の場合、料理53品とドリンク61品が食べ飲み放題で価格は3300円。通常より1時間長い3時間制で提供している。サラダやカクテルなどの限定メニューを充実させるなど、女心をがっちりとつかむ内容になっている。ただし男性が1人でもいると利用できない。

居酒屋業界は客数減が続いており、昨年11月の売上高は前年同月比89.5%(日本フードサービス協会調べ)に沈む。厳しい状況下でも女子会プランは堅調で、「渋谷や新宿の店舗では、週末になると女性客が8割を超えることもある」(モンテローザ)。2社ともに1月末までの期間限定を予定していたが、想定以上に好評のため期間延長を考えているという。

数年前から居酒屋チェーンは女性限定プランを導入するなど、新規顧客の開拓を進めてきた。女子会もそこを狙ってヒットした形だ。

(二階堂遼馬 =週刊東洋経済)

関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。