NHKの番組ネット配信が期待外れの超低空飛行、10年度も大赤字に


 折しもNHK本体の10年度予算は61億円の赤字と、14年ぶりの赤字を見込む。受信料収入の低迷から09~11年度の中期経営計画で見込んだ額を42億円下回っており、予算案を議決した経営委員会は、経営陣に早急な改善を求める意見を表明している。

12年度から10%の受信料を還元するという公約を掲げているが、受信料収入の伸び悩みが続けば実現にも黄信号が灯る。

独立採算のNODは本体の収益には加算されないため、決算上、足を引っ張ることはない。ただ、本業が厳しくなれば、収益化のメドが立たないNODへの風当たりが強まることは必至。開始からわずか1年で正念場を迎えている。

(中島順一郎 撮影:今井康一 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT