NHKの番組ネット配信が期待外れの超低空飛行、10年度も大赤字に

NHKの番組ネット配信が期待外れの超低空飛行、10年度も大赤字に

NHKが2008年12月に始めたインターネット経由のテレビ番組有料配信サービス「NHKオンデマンド(NOD)」が大苦戦している。

09年4~11月の収入はわずか1・6億円と、09年度予算23億円の達成は絶望的。13日に発表した10年度予算の中でも18億円の赤字を見込んでいる。

誤算の原因は番組購入数の伸び悩みに尽きる。会員数は昨年12月末時点で29・5万人に上るが、このうち月間の購入者数は1割弱程度。

ネット業界では「ユーチューブ」など無料動画配信が定着しており、「有料への抵抗感が思った以上に強い」と、木田実・NHKオンデマンド室長は話す。

需要底上げを狙い昨年は人気連続ドラマの無料視聴や大相撲などの配信を始めたが、結局、無料視聴だけが伸びて効果は限られていた。そこで、2月から「見逃し番組」を無制限に視聴できる月額パック料金を945円へ、従来から4割弱値下げ。4月からアップルの「Mac」やスマートフォンなどで視聴可能にする。1月には「紅白歌合戦」を初めて配信するなど、コンテンツ拡充も急ぐ。

ただこうした取り組みが抜本的改善につながるかは未知数。

NODは放送法上、課金による独立運営を前提としているが、不足する資金は本体からの借り入れで賄っている。当初は3年後の黒字を計画していたものの、すでに「実現が難しい」(木田室長)との認識だ。11年度をメドに事業を見直す予定だが、仮に撤退となれば借り入れは焦げ付く。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。