上海 多国籍都市の百年 榎本泰子著

拡大
縮小
上海 多国籍都市の百年 榎本泰子著

上海は、1840~42年に起こったアヘン戦争後の南京条約によって開港され、「租界」として急速に発展していくことになる。イギリス、フランス、アメリカ、ロシア、そして地理的に近かった日本からも多数の人たちが移住した。その繁栄は、第1次大戦終結後から日中戦争が始まるまでの約20年間に極まる。1930年には人口が300万人を突破、世界第6位の大都会となった。

本書は比較文化研究を専門とする著者が、上海の政治経済や文化の形成を担った人々を国別に取り上げながら、国際都市としてどのように発展していったのかを論じる。現代中国の繁栄を象徴する上海の超高層ビル群の起源も明らかになる。

中公新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT