上海 多国籍都市の百年 榎本泰子著

上海 多国籍都市の百年 榎本泰子著

上海は、1840~42年に起こったアヘン戦争後の南京条約によって開港され、「租界」として急速に発展していくことになる。イギリス、フランス、アメリカ、ロシア、そして地理的に近かった日本からも多数の人たちが移住した。その繁栄は、第1次大戦終結後から日中戦争が始まるまでの約20年間に極まる。1930年には人口が300万人を突破、世界第6位の大都会となった。

本書は比較文化研究を専門とする著者が、上海の政治経済や文化の形成を担った人々を国別に取り上げながら、国際都市としてどのように発展していったのかを論じる。現代中国の繁栄を象徴する上海の超高層ビル群の起源も明らかになる。

中公新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。