上海 多国籍都市の百年 榎本泰子著

上海 多国籍都市の百年 榎本泰子著

上海は、1840~42年に起こったアヘン戦争後の南京条約によって開港され、「租界」として急速に発展していくことになる。イギリス、フランス、アメリカ、ロシア、そして地理的に近かった日本からも多数の人たちが移住した。その繁栄は、第1次大戦終結後から日中戦争が始まるまでの約20年間に極まる。1930年には人口が300万人を突破、世界第6位の大都会となった。

本書は比較文化研究を専門とする著者が、上海の政治経済や文化の形成を担った人々を国別に取り上げながら、国際都市としてどのように発展していったのかを論じる。現代中国の繁栄を象徴する上海の超高層ビル群の起源も明らかになる。

中公新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。