本を「読んだ端から忘れる人」が知らない記憶術

多読の法律家が見出した「忘れないコツ」

わたしは、そもそも読書は勉強ではなく、楽しむものだと思っています。前提としては試験を受けるわけではないし、別に忘れてもいいと思って読んでいます。とはいえ、「なるほど」と深く腑に落ちた本を読んだ後は、(大概、カフェや電車の中で読むので)外に出て移動する時間、つまり歩いているときに頭の中で反すうするようにしています。

例えば、「作家の〇〇さんは、優れた作家の資質には3点あるといっていたな。1つめは〇〇で、2つめは△△で、3つめは××か……」みたいに、歩きながら頭の中でつぶやくのです。このように反すうすると、スラスラと3つ出てくる場合もありますし、「あれ? もう1つは何だっけ?」というように読んだ直後でも忘れている場合もあります。

読書後に振り返ることで記憶が定着しやすい

ここでのポイントは、歩いているため、すぐに本で確認できないということです。そうすると、歩きながらもう1つは何だったのかと、読んだ文章の文脈やストーリーを思い返しながら記憶をたどることになります。

『「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

それで「ああ」と思い出せる場合もあり、そのときは「重要な3つは……」ともう一度、頭の中で確認するようにします。一方、思い出せない場合もあります。

そのときは、どうすればいいかというと、今度は本のことは忘れて重要なポイントを思い出そうとするのもやめて、「自分なら何を重要なポイントとして挙げるか?」と考えてみるのです。

そうすると、いろいろなアイデアが出てきます。そのときに、ふと「ああ」と答えが思い出せる場合もあります。もちろん、それでも思い出せない場合もあります。そのときは本を読める場所にたどり着いたら本を見て確認します。

こういう作業を読書の後に歩きながらすると、読んだ本の内容の記憶が定着しやすくなります。また、こうした重要なポイントは、仕事でそのまま実践できたり、課題を解決する要素になったりする場合があるので、しばらくしてから、やはり重要だなと思ったときには、そのポイントをスマホのノート機能にメモして保存してもいいでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT