コロワイド、「大戸屋」を敵対的買収する勝算

45%ものプレミアムでTOB成立の可能性大

定食チェーンとして知られる大戸屋だが、近年は業績低迷が続いている(記者撮影)

2週間のスピード展開だ。

7月9日、外食大手のコロワイドは19.16%の株式を保有する定食チェーン・大戸屋ホールディングス(以下、大戸屋)に対し、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。

ちょうど2週間前の6月25日、コロワイドは大戸屋の定時株主総会で、取締役の刷新を求める株主提案を否決されたばかり。この株主提案を巡っては、コロワイド側と大戸屋の現経営陣が真っ向から対立、結果的に会社提案が支持された。今回のTOBに対する大戸屋の意見はまだ表明されていないが、敵対的TOBに発展することは確実だ。

45%もプレミアムを付けた買収価格

再びの防戦を迫られた大戸屋幹部は「前々から準備していたのだろう。想定より早く動いてきた」と話した。コロワイド側は「大戸屋執行部との協議の機会を得られなかったため、4月末から株主総会の成否にかかわらず、TOBの検討を始めていた」と、株主総会以前からTOBの準備を進めてきたことを明かした。

コロワイドによる買い付け価格は、1株3081円。前日7月8日の終値が2113円なので、45%近くも上乗せした価格だ。7月10日から8月25日までの間に、最大32.16%の株式を追加取得し、すでに保有する19.16%と合わせて過半数の51.32%を握ることで、大戸屋を子会社化する計画だ。TOBが成立すれば、経営陣の入れ替えを要求し、”コロワイド流”で大戸屋の立て直しを図る。

株主総会では大戸屋の個人株主の8割以上がコロワイドの提案に反対した。とはいえ、このときすでにコロワイドがTOBを仕掛ける観測が浮上していた。そのため、株主総会ではコロワイドの株主提案に反対しておいて、いざTOBの段になったら高値で売却できると踏んでいた株主も多い。

ある40代の男性株主は「(買い付け価格が)3000円を超えるのであれば、売る方向だ」と話す。コロワイドが提示した破格の買い取り価格に応じ、このタイミングで売却しなければ、その後株価が大きく下がることも予想されるからだ。「過去最高益のときの1株当たり純利益に対しても、株価3000円であればPER(株価収益率)は60倍にもなる。さすがに高すぎる」(同)。

次ページ買収が成功したとしても・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT