ディズニー、4カ月ぶり再開で待ち受ける課題

時差入場券など、感染防止へ工夫あれこれ

4カ月間、休園していたディズニーランドが7月1日から営業を再開することになった。写真は2月末のディズニーランド周辺(写真:時事)

「東京ディズニーリゾートが営業しているってだけで元気もらえる」

「7/1からパークの空気吸いに行けるの?!」

「やっぱり心に光をくれる、ディズニー」

平日の日中にもかかわらず、SNS上はファンたちによる歓喜の投稿であふれかえった。

混雑に備え、3種類のチケットを用意

国内テーマパーク運営最大手のオリエンタルランドは、新型コロナウイルスの影響で約4カ月にわたって臨時休園していた東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを7月1日から再開すると発表した。

再開後は業界団体が策定した感染拡大予防のガイドラインに沿い、1日当たりのチケットは通常の半分以下に制限して販売する。2020年3月期の1日平均の入園者数は約8万8000人。再開後の入園者数は多くても1日あたり4万人程度ということになる。

6月25日15時から開始するチケットの販売はオンライン上に限定。周辺の公共交通機関や入り口で社会的距離(ソーシャルディスタンス)を確保するため、8時以降入園(8200円)の通常チケットに加え、11時以降入園(7300円)、14時以降入園(6300円)と3種類のチケットを用意した。

次ページ来園にはマスクを義務づけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT