ディズニー、4カ月ぶり再開で待ち受ける課題

時差入場券など、感染防止へ工夫あれこれ

4カ月間、休園していたディズニーランドが7月1日から営業を再開することになった。写真は2月末のディズニーランド周辺(写真:時事)

「東京ディズニーリゾートが営業しているってだけで元気もらえる」

「7/1からパークの空気吸いに行けるの?!」

「やっぱり心に光をくれる、ディズニー」

平日の日中にもかかわらず、SNS上はファンたちによる歓喜の投稿であふれかえった。

混雑に備え、3種類のチケットを用意

国内テーマパーク運営最大手のオリエンタルランドは、新型コロナウイルスの影響で約4カ月にわたって臨時休園していた東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを7月1日から再開すると発表した。

再開後は業界団体が策定した感染拡大予防のガイドラインに沿い、1日当たりのチケットは通常の半分以下に制限して販売する。2020年3月期の1日平均の入園者数は約8万8000人。再開後の入園者数は多くても1日あたり4万人程度ということになる。

6月25日15時から開始するチケットの販売はオンライン上に限定。周辺の公共交通機関や入り口で社会的距離(ソーシャルディスタンス)を確保するため、8時以降入園(8200円)の通常チケットに加え、11時以降入園(7300円)、14時以降入園(6300円)と3種類のチケットを用意した。

次ページ来園にはマスクを義務づけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT