「あいつはそういうやつだから」枠を狙え!

むしろサラリーマンだからこそ、オールマイティでなくても大丈夫

”らしくない”ことはハンデではない!

組織でやっていくなら、その規格に合わせなければいけないところは確かにある。しかしすべて合わせなければと過剰に思い込む必要はない。むしろ規格にはまらないエッジを残すのも大切だ。どこか「変わり者」の部分を残し、「あいつはそういうやつだから」と言われるキャラクターになることで、一定の自由を確保できたりする。

もちろん、単なる「変わり者」では誰も認めてくれない。規格を外れるなら、別の部分でリカバリーすることで、プラス・マイナスの収支をプラスにしておく必要がある。何かを「やらない」と選択するなら、ほかで抜きんでた業績を上げてこその「変わり者」なのだ。もちろん、社会人として最低限の常識に当たる部分は、いくら苦手でも切り捨ててはいけない。

「変わり者」は組織に向かないと思われている。でも、僕はむしろ逆だと思う。僕には人並みにできないことや苦手なことがたくさんある。だが、自分にAができないならAが得意な人に任せて、そのぶん自分はBを補えばいい。

一人でやっていくならAもBもある程度できなければならないが、オールマイティでなくても大丈夫なのがサラリーマンのいいところだ。それぞれの得意技を組み合わせることにこそ会社の意味がある。そういう意味では、ある業種やある会社の人らしくないことはハンデではないし、ほかと毛色が違うからこそ、組織の中で独自の立ち位置を見つけることができるのだ。
 

構成:宮崎智之

「週刊東洋経済」2014/4/5号:激変!東大生の就活

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。