秋に猛毒化?「コロナ第2波」正しく迎え撃つ方策

これから夏にかけて考えておくべきこと

緊急事態宣言もいくつかの地域で解かれ、“ゆるみ”が懸念されているが……(写真:プラナ / PIXTA)

100年前に日本を襲ったスペイン風邪も2年間に3回の波があり、第2波で多くの死者が出ました。今回の新型コロナも、秋以降に来るであろう大きな波が猛毒化している可能性があります

と説明するのは、渡航医学が専門の関西福祉大学の勝田吉彰教授。

39県の「緊急事態宣言」が解かれ、残る東京などの大都市圏も解除される見通しの今、それに伴う“ゆるみ”が懸念されている。

より猛毒性があるウイルスが日本に来たら…

NPO法人「医療ガバナンス研究所」の上昌広理事長は、

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

いったんおさまった韓国ではクラスターがあり、中国の武漢でも1カ月半ぶりに感染者が出てきています。すでに第2波が始まっている可能性がある

と警告する。東京・品川区の感染症専門医「KARADA内科クリニック」の佐藤昭裕院長は、

ある数理モデルによると、一気に規制を解除すると、わずか2週間で感染がもとの状態に戻ってしまうといわれていますので、徐々に解除していったほうがいいし、私たちも気を引き締めたいですね

と注意を促す。

今回の新型コロナは高温多湿に強くないため、夏場には活動が弱まるという見方もあるが、完全になくなるわけではない。

どのような形で、私たちに再び襲いかかってくるのか──。前出の上理事長はこんな見立てをする。

次ページアメリカでも東海岸と西海岸でウイルスの種類が異なる?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。