米アボット、新型コロナ抗体検査キット生産増 

6月までに月2000万個へ拡大する計画を発表

米医薬品アボット・ラボラトリーズは15日、新型コロナウイルス感染の抗体を調べる血液検査を投入し、検査キットの生産を6月までに月間2000万個に拡大する計画を発表した。写真はアボットのステント製品。ニューデリーで2018年4月撮影(2020年 ロイター/Adnan Abidi)

[15日 ロイター] - 米医薬品アボット・ラボラトリーズ<ABT.N>は15日、新型コロナウイルス感染の抗体を調べる血液検査を投入し、検査キットの生産を6月までに月間2000万個に拡大する計画を発表した。

抗体検査によって新型コロナへの免疫を獲得した人を特定し、移動制限などの対象から除外できれば、経済活動の再開につながる可能性がある。

米国内では週内に約100万、月末までに計400万の検査キットを出荷する見通しで、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する計画とした。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。