2万9888円--女性が男性に期待するクリスマスプレゼントの金額(2009年)《気になる数字》


 クリスマスが近づいてきたが、男性の懐を気にする女性が増えている。

プランタン銀座が毎年、女性を対象に行っているクリスマスに関する意識調査によると、恋人またはパートナーに期待するプレゼントの金額は2万9888円と、昨年の5万0827円と比べて2万円以上もダウン。2000年に調査を始めて以来、2番目に低い金額となった。

男性にプレゼントを期待すると答えた割合も、昨年の96%から今年は60%と低下したうえ、プレゼントを贈ろうと思っている人も、89%から67%と大幅に減少。「過度な期待や無理なお願いをしない一方、財布のひももしっかり締めている」(プランタン銀座)現状がうかがえる。期待するプレゼントも1位が「食事」、クリスマスを過ごしたい場所として8割以上が「家」と回答。ティファニーやホテルが定番といわれたバブル期とは様変わりだ。

もっとも、結婚相談所大手のパートナーエージェントがアラサー・アラフォー世代を対象として行った「クリスマスにかける意気込み」調査によると、「今年クリスマスを過ごす相手が決まっていない」と回答した男女は68.3%と半数以上を占めており、大半の男女がプレゼントとは無縁のようだ。

また、クリスマスに恋人は必要ないと回答した女性もアラフォーで52.3%、アラサー女性と合わせても44.4%にも達する。イベントとしてのクリスマスも地盤沈下が起きているのかもしれない。
 
(乕尾あい =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。