なぜ「トヨタ×NTT提携」、実は「必然」な深い理由

豊田章男がねらう「GAFAとは異なる」対抗軸

NTTは、それらをつなぐ情報通信技術を持っている。

「社会システムに組み込まれたクルマを、最も上手に活用いただけるパートナーがNTTだと思っております。社会を構成するさまざまなインフラはNTTが提供する情報インフラに支えられております」

と、豊田氏は強調した。

NTTは、ウーブン・シティにおいて、5Gネットワークの活用、さらにIOWNの実験を視野に入れている。

GAFAとは異なる「軸」を打ち出せるか

トヨタは、平成30年の間に日本で時価総額を最も伸ばした企業であり、今や、世界で最も存在感のある自動車メーカーといっていい。そのトヨタを牽引する豊田氏が、「モビリティカンパニー」すなわちモビリティに関わるあらゆるサービスを提供する会社へのフルモデルチェンジを宣言したのは、2018年である。

あらゆるモノやサービスが情報でつながる時代を迎え、クルマ単体の販売を中心に据えてきた従来のビジネスモデルには限りがある。自動車を単体としてではなく、街や社会全体を構成する一要素として考えなければ、価値を生み出せない。

発想を、ハード主体からソフト主体に切り替え、いかにモビリティを使って人の役に立つか、便利なサービスを提供するかを考える必要がある。

つまり、そのサービス創出に欠かせないのが、スマートシティプラットフォームであり、ウーブン・シティというリアルの実証実験場、そしてNTTの情報インフラという次第だ。

自動運転技術を用いた未来の街づくりは、世界で進められている。例えば、アメリカにおける自動運転の実用化は、日本以上に進んでいる。中国は、自動運転の実用化やスマートシティの開発を政府主導で猛烈な勢いで推進している。ウーブン・シティはこれらと競り合うことになる。

対GAFAについて、豊田氏は、「世界で戦っている2社が手を組み合い、『日本もまたなかなかやるな』と言われるような対抗は、非常にウェルカムだと思います」と語ったうえで、「データの使い方については、人を中心とし、使う人々が幸せになる方法を考えることに、こだわっていきたい」と強調した。

GAFAによる個人データ独占が世界的に批判を浴びるなかで、データを金儲けの道具と考えて独占するのではなく、あくまで「人々が幸せに暮らすため」に利用する姿勢を貫く。それが、トヨタとNTTを結び付けた要素であり、提携が「必然」だった理由でもある。

ただし、誠実さや信頼性を打ち出すだけでは、スマートシティプラットフォーム構築をスピーディーに進めることはできないだろう。GAFAは、規模とパワーにモノをいわせるからこそ、一気に成果を上げている。中国のBATH(百度、アリババ、テンセント、ファーウェイ)も同様だ。

問われるのは、トヨタとNTTの実現力だ。日本から世界に向けて、新たな「軸」を打ち出せるのか。世界のITの巨人たちに「なかなかやるな」と言わせることができるのか。ウーブン・シティは、日本企業が、これからも世界に存在感を示せるかどうかの試金石となるだろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT