TBSとテレ東「全収録中止」が英断でしかない訳

コロナ対応「再放送」「再編集」の番組表が現実に

また、日ごろ他局との熾烈な視聴率争いをしているだけに、「他局も厳しい状況なのにウチだけ収録をやめて、視聴率を下げるわけにはいかない」というチキンレースのような感覚があったようです。しかし一方で、「在宅率が高く、暗い気持ちの人が多い今こそ、テレビが楽しみを与えなければいけない」と使命感を語るテレビマンもいました。

これらさまざまな思いを抱えていたものの、日に日に収録現場は窮状に追い込まれ、さらに志村さん、宮藤官九郎さんなどの芸能人や局内からも感染者が出たことで、「もし特定の番組がクラスターになったら責任を取れない」という危機感が芽生えているのでしょう。テレビ業界は、とかく「古い」「上から目線」などと批判されがちですが、TBSやテレビ東京を見ればわかるように、以前よりは柔軟な対応ができるようになっているのも確かなのです。

「#再放送希望」とテレビマンの意地

批判とともに現在ネット上で盛り上がっているのが、再放送を求める声。「テレビ局は古き良きコンテンツをたくさん抱えている」「各局は志村さんが出演した番組を再放送すべきだ」「重症化リスクの高い高齢者を家にとどめる最善策ではないか」などを理由に挙げ、「#再放送希望」というハッシュタグとともにツイートする人が増えているのです。

とりわけTBSが収録中断を発表した際には、「志村さんの『8時だョ!全員集合』と『カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ』が見たい」「名作なら『逃げ恥』『義母ムス』『半沢直樹』!」「高齢者には『水戸黄門』、子どもには『まんが日本昔ばなし』を」「80年代の『風雲!たけし城』や『スクール☆ウォーズ』もぜひ」「『3年B組金八先生』シリーズを通しで見たい」などと、現在までさまざまな番組名が挙がっています。

他局の番組でも、外出できない子どもたちのために「世界名作劇場」「藤子不二雄の作品」「機動戦士ガンダムシリーズ」「ルパン三世シリーズ」などのアニメ、今こそ笑いが必要という理由から「オレたちひょうきん族」「とんねるずのみなさんのおかげです」「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」「ダウンタウンのごっつええ感じ」「めちゃ×2イケてるッ!」などのお笑い番組、「ザ・ベストテン」「夜のヒットスタジオ」「ポップジャム」などの音楽番組など、それぞれのジャンルで番組名が挙がるなど大盛り上がり。

大人は懐かしく、子どもには新しいものも多いだけに、もし各局が一斉に再放送の番組を増やしたら、「これは面白い」「これは新発見」などの声が飛び交い、ちょっとしたブームになるかもしれません。

次ページ「#再放送希望」の痛しかゆし
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?