国民性のいいところと悪いところは表裏一体だ--『日本辺境論』を書いた内田樹氏(神戸女学院大学文学部総合文化学科教授)に聞く

国民性のいいところと悪いところは表裏一体だ--『日本辺境論』を書いた内田樹氏(神戸女学院大学文学部総合文化学科教授)に聞く

「日本人とは何ものか」との問いに、「辺境の民」の武道精神をベースに真正面から答える。裏付けは自在でいつの間にか、日本人論に誘導される。ブログのアクセス数2000万超の書き手の「突拍子もない日本人自画像」が受けている。

--1年ぶりの書き下ろしです。

「コンピレーション本」は何冊もあったが、まっサラの書き下ろしは今年初めて。

とりあえずどんどん書く。どちらかというとおばさんタイプなので、フックするネタがあると、あるいはいままで一度も書いていないアイデアがあると、話はヨコにヨコにずれていってしまう。あとで読み直して、結局、はじめのほうで書いたものはほとんど捨ててしまった。この本には最後に書いた部分、上澄みのほうだけを使った。

--売れている理由は。

版元の営業努力はもちろんだが、とにかく日本人は日本人論が好き。刊行されてそれほど時間がたっていないので、いまは静かなものの、これからご批判を各方面から賜ると思う。罵倒の嵐がくる気がする。

--従来から反論や論争はしませんね。

人文系の論争は意味がない。自然科学では、次々と証拠を出して仮説が書き換わることはあるが、人文系の論争は最終的にはIQの高さと性格の悪さで勝負を決するところがある。途中からは完全に罵り合いになって、どのくらい相手を残酷にえぐれるかの勝負になってしまう。そんなところで勝負を決してもしょうがない。反論したい人は自分で日本人論をそれぞれお書きになればよろしい。そのほうが面白い。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。