国民性のいいところと悪いところは表裏一体だ--『日本辺境論』を書いた内田樹氏(神戸女学院大学文学部総合文化学科教授)に聞く


--合気道の師範としての教え方もありますか。

合気道で何を教えているか。やる前にプログラムを一覧的に開示しない。道場で何が学べるのか、それは学ばないとわからないと教える。いわれるとおりやりなさい。まだわからないぐらいの、物足りない状況がいちばん伸びシロが大きくなる。

--新年の2010年からは「露出度」を抑えるとか。

11年に定年なので、最後の1年はなるべく学内で学生たちと過ごす。講演も連載もしないつもり。ただ、原稿の執筆はする。これは病気みたいなもので。いままでベストの一日の過ごし方は、朝書いて昼学校に行って、夜稽古をする。これが、武道メインで執筆が副業という感じになる。道場もつくる。

(聞き手:塚田紀史 撮影:引地信彦 =週刊東洋経済)

うちだ・たつる
専門はフランス現代思想、映画論、武道論。1950年生まれ。東京大学文学部卒。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退後、同大学人文学部助手などを経る。著書に『私家版・ユダヤ文化論』(第6回小林秀雄賞)、『こんな日本でよかったね』『下流志向』『昭和のエートス』『街場の教育論』など。


新潮新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT