その言い方が人を怒らせる ことばの危機管理術 加藤重広著

その言い方が人を怒らせる ことばの危機管理術 加藤重広著

たとえば、不祥事を起こした企業のトップの会見や、政治家の答弁に何か変だと思うことはないだろうか。

それを単なるニュアンスとして片づけず、言語学者である著者は、とりわけ「語用論」を用いて説明する。語用論とは、言葉の運用を文脈や場面と関連づけて研究する言語学上の論法である。語用論を使ってコミュニケーションの失敗を分析することで、うまく真意を伝える言葉の使い方などが解説されている。

その場に合わせて取りつくろった建前を口にすることは、日本の社会では珍しいことではない。本音が真意なら建前はウソとなる。だからこそ、言葉を慎重に選んで、誤解のない真意を相手に伝えることが重要なのである。

ちくま新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。