「デイズ/eK」発売1年、明暗分かれた通信簿

2車で月販平均1万6000台は「合格」だが……

三菱は、世界初の量産電気自動車(EV)である「i‐MiEV」を発売したころから、同社の主力を電動車両とSUVの2本柱とする戦略を採っている。いまや三菱自動車といえば、登録車では「アウトランダーPHEV」や「エクリプスクロス」「RVR」「デリカD:5」といったSUVがまず連想されるのではないか。

三菱「ミラージュ」は1.2Lエンジンを搭載するコンパクトカー(写真:三菱自動車)

逆に「ミラージュ」や「デリカD:2」といった小型乗用車は思い出しにくいかもしれない。そのことが、新型eKワゴンとeKクロスの販売比率に表れているといえそうだ。販売の6割を占めるeKクロスと同等の販売台数をもしeKワゴンでも実現できていれば、月販計画台数の4000台を超えられると皮算用することができる。

とはいえ、「もし~だったら」「もし~ならば」の話をしても仕方ない。逆にいえば三菱の2本柱で勝負する自動車メーカーとしての個性の持たせ方は、軽自動車販売においても成果を残したといえる。次は、さらなる電動化の強化であり、電動車両の車種増強であろう。

現時点では「合格」を与えたい

デイズ/ekワゴンの2車を合わせると月販1万6760台となり、目標台数のおよそ4割増しとなる。両車を生産する三菱の工場の稼働は良好であるはずだ。

「デイズ/ekワゴン」は、第40回 2019 – 2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーで「スモールモビリティ部門賞」を受賞している(写真:日産自動車)

自動車メーカーとして、日産は車両開発の成果と販売の面で、三菱は生産の面でともに成功している。この状況を維持しながらさらに販売を増強できるならば、現時点でのデイズ/ekワゴンの成果は「合格」と言えるだろう。

さらにこの3月、軽自動車のラインナップを強化するスーパーハイトワゴンの日産「ルークス」と三菱「eKスペース/eKクロススペース」が発売された。いよいよ、王者ホンダN‐BOXとの対決が始まるのだ。次の1年後の成果が再び注目される。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT