BMW「初代Z4」今でも忘れられない痛快な魅力

同じ車を色違いで乗り換えた男の回顧録

著者を虜にした初代Z4の魅力とは?(イラスト:LEON編集部)
18年の月日が経った今でも、あの日の快感はハッキリ思い出せる。試乗会が終わっても興奮は冷めない。それほどまでに著者を虜にした初代Z4の魅力とは?

大好きだった2台のBMW Z4

初代Z4に惚れ込んだ話しは以前書いた。

が、ここでもう1度、振り返らせていただく。

時は2002年初冬。ポルトガル南端の町ファーロで行われた国際試乗会で、僕はZ4の虜になった。

本記事はLEON.JPの提供記事です

北大西洋に面した断崖に添うワインディングロードとZ4のコンビネーションは、僕を「陶酔の世界」に引き込んだ。

狭めの2車線道路は、自然が描き出した断崖の原型をほとんどそのままトレースしたかのように、曲がり、うねり、アップダウンし、延々と続いた。

ライトウェイト・スポーツカーには、これ以上ない試乗コースだった。

町もなく、ドライブインもなく、ガソリンスタンドもなかった……と思う。

見えるのは「さあ、やれよ!」と誘っているかのようなタフな道と、広大な大西洋だけ。

ドライビングに集中する条件も揃っていた。

クリス・バングルが生み出したZ4のルックスもひと目見て好きになった。ドライバーが後輪直前に座る古典的ロードスターのシルエットを、モダンな鋭いディテールで包み込んだZ4は最高にカッコいいと思った。

ドライビングポジションも、やや小径なステアリングホイールも、必要以上にシフト操作を繰り返したくなるギアボックスのフィールも、すべてが「やれよ!」「いけよ!」と背中を押してきた。

18年の月日が経った今でも、あの日の快感はハッキリ思い出せる。

試乗会が終わっても興奮冷めやらず、BMWジャパンのスタッフに、すぐ予約を入れた。

次ページ自分好みにカスタマイズ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT