もう一攫千金は終わり?「上場ゴール」に赤信号

速報!2020年IPO「勝ち組・負け組」ランキング

厳しい環境下でもIPO後の株価上昇率1位となったジモティー(7082)は、日経平均株価が2万3000円台だった2月7日の上場。オンライン掲示板「ジモティー」を運営しており、地域密着でモノ・サービスの個人間取引を仲介している。上場後は株価下落が続くものの、公開価格を上回る水準で踏みとどまっている。

2位のフォースタートアップス(7089)は、有力ベンチャーを対象にした人材仲介業を手がけている。未上場ベンチャーの経営者に対してコンサルタントサービスも行うなど、独自のネットワークを構築。3位のコンピューターマネージメント(4491)は独立系SIで、製造業や金融、流通など幅広い顧客を有する。

スポーツジム業界は軒並み総崩れ

幸か不幸か、2020年はまだ大型上場がない。最も時価総額が大きかったのが、3月2日に東証1部市場に上場したカーブスホールディングス(7085)の約600億円だったが、初値は公開価格を10%下回ってしまった。カーブスはシニア女性向けの30分健康体操教室を運営しており、売上高280億円、営業利益54億円(2019年8月期)の高収益企業だ。

何といっても、新型コロナウイルスの感染がスポーツジム内で広がったことを受け、上場前日の3月1日に安倍晋三首相が密集空間の「利用を避けるように」と呼びかけたことが逆風となった。カーブスも3月8~15日は全店休業するなど、対応に追われており、足元の株価も低空飛行が続く。

次ページ高値6000円台から600円台へ急降下
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT