学級委員の彼が不登校になった「まさかの理由」

中高一貫の進学校に通う子が感じた負担

そんなことをされても、いつもなら「ウザいなあ」と思うだけなんですが、あのときの僕は、不思議と「じゃあ行ってみようかな」と思えたんです。

なぜなのか、今でもわからないんですが、何かが変わる「タイミング」だったのかな、と。ただこれはかなり特殊な例だと思うので、あまり参考にしないでください(笑)。

高校へ行けるようになったので、次は大学に行くために受験勉強を始めようと思いました。

不登校だったときにスクールカウンセラーにとても救われたので、自分もカウンセラーになるために、大学で心理学を勉強したいと思ったんです。

そこで大学受験にチャレンジし、AO入試という制度で東京の大学に合格し、現在1年生です。

今は大学の勉強をしながら不登校経験者の集まる会に参加したり、ブログやツイッターで自分の思いを発信しています。毎日楽しくて充実していますよ。

たくさんの人に支えられて

――自分の不登校を今振り返ってどう思いますか。

本当につらかったですけど、かけがえのない経験であったのは間違いないですね。

不登校になってなかったら、会えなかったであろう人もたくさんいますし。そういう人に支えられたから今の僕があるんだと思います。

それから、不登校をしたことで自分の考え方が広がったな、と思います。

僕は学校のつらさも楽しさも、両方経験しました。不登校になったからといって、その前の「楽しかった学校」のイメージは消えませんでした。だから学校のやっていることを全否定はできないんです。

これって、ずっと学校が楽しかった人からも、ずっと学校が苦しかった人からも出てこない考えじゃないですか。そういう意味で、自分なりの視点を持つことができました。

でも、これらはあくまで「今だから言えること」であって、現在、苦しんでいる不登校の子に対して「絶対よくなるよ」なんて口が裂けても言えません。

僕が言えることがあるとしたら、「話を聞きたいな」ということです。もちろん、つらい気持ちなんて、話したいと思える人にしか話したくないですよね。

だから、もし僕を選んでもらえるのであれば、ですけど。僕は「人に話すこと」で気持ちが落ち着いてきました。だから今度は僕が苦しんでいる人の話を聞きたいです。

――ありがとうございました。

(聞き手・茂手木涼岳、撮影・矢部朱希子)

不登校の関連記事
「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安
だから私は「子どもの安心基地」をつくっていきたい
「不登校の理由を話したがらない」言いづらい子どもの2つの気持ち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT