高島屋の免税品売り上げ、3月は9割減ペース

訪日客激減、2月免税売り上げは前年比7割減

 3月16日、高島屋は、2月の営業報告を発表した。写真は大阪で昨年3月撮影(2020年 ロイター/STANLEY WHITE)

[東京 16日 ロイター] - 高島屋<8233.T>は16日、2月の営業報告を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う訪日外国人の減少を反映し、免税売り上げは前年比69.9%のマイナスと大きく落ち込んだ。さらに、3月の店頭売り上げでは15日までの累計で91.2%減少で推移しているという。

J.フロント リテイリング<3086.T>傘下の「大丸松坂屋」でも免税売り上げは同様の傾向で、2月は前年比74.6%減、3月は14日までの累計(2日分の臨時休業含む)で96%減少しているという。 

 

 

(内田慎一)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT