高島屋の免税品売り上げ、3月は9割減ペース

訪日客激減、2月免税売り上げは前年比7割減

 3月16日、高島屋は、2月の営業報告を発表した。写真は大阪で昨年3月撮影(2020年 ロイター/STANLEY WHITE)

[東京 16日 ロイター] - 高島屋<8233.T>は16日、2月の営業報告を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う訪日外国人の減少を反映し、免税売り上げは前年比69.9%のマイナスと大きく落ち込んだ。さらに、3月の店頭売り上げでは15日までの累計で91.2%減少で推移しているという。

J.フロント リテイリング<3086.T>傘下の「大丸松坂屋」でも免税売り上げは同様の傾向で、2月は前年比74.6%減、3月は14日までの累計(2日分の臨時休業含む)で96%減少しているという。 

 

 

(内田慎一)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。