日銀が追加金融緩和、ETFの買い入れを年12兆円

コマーシャルペーパーや社債なども追加購入

日銀は16日の金融政策決定会合で、追加緩和を決定した。写真は日銀本店前で昨年1月撮影。(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 16日 ロイター] - 日銀は16日の金融政策決定会合で、追加緩和を決定した。上場投資信託(ETF)の買い入れ目標を、従来の年6兆円から年12兆円に引き上げた。

コマーシャル・ペーパー(CP)・社債等の追加購入枠を合計2兆円設け、CP残高は3.2兆円、社債残高は4.2兆円を上限に買い入れを実施する方針。従来はそれぞれ2.2兆円、3.2兆円だったが、2020年9月末まで増額買い入れを継続する。

このほか、中小企業向け融資スキームの拡充も決定した。

新型コロナウイルス対策では、企業金融支援特別オペを9月末まで実施、最長1年の資金を金利ゼロ%で供給する。

短期政策金利はマイナス0.1%に、長期金利目標はゼロ%程度に、長期国債の買い入れ目標は年間80兆円で維持する。政策金利のフォワードガイダンスも維持する。

景気判断は「景気はこのところ弱い動き」に下方修正し、当面新型コロナ感染症の影響を注視し、必要あれば躊躇なく追加的な緩和措置講じると表明した。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT