原発事故9年、吉田所長の宿命と旧経営陣の無罪

東電刑事裁判の傍聴取材を続け見えたこと

ならば、当時の原子力設備管理部長の吉田はなぜ、わざわざこんな発言をしたのか。

吉田をよく知る人物によると、吉田は商売人気質のところがあって、賢く直感の働く人物だったという。

だから、15.7メートルという数値を見たときには、危機感を抱いたはずだ、と推察する。信頼できない数値なら自分のところで止めて、上に報告なんてしない。御前会議でいい加減なことを言うはずもないし、吉田にしたら”なにかあったらどうするんですか”ということを消極的な姿勢で示したのではないか。

だが、それは見方を変えれば、自らが抱いた危機感を経営陣に丸投げすると同時に、責任を転嫁しようとしたともいえる。

その”なにかあった”ときに、矢面に立たされてしまったのが吉田だった。彼は2010年6月から福島第一原発所長として赴任していた。

後悔先に立たず、とはいうが、事故処理にあたりながら、吉田には過去の出来事も脳裏をよぎったはずだ。

どこかの場面でもっと強く進言し、安全対策をとっていれば、津波被害はもっと違っていたはずだ。事故処理を巡って英雄扱いされる向きもあるが、むしろ過去のツケが吉田にまわってきたと言ったほうが正確かも知れない。現場にとどまって事故対応にあたった職員を危険にさらしてしまった責任もある。

旧経営陣はなぜ無罪になったのか?

吉田は2013年7月に他界した。彼が生きていれば、東京地裁で無罪となった東電旧経営陣の裁判の流れも変わっていた可能性もある。

裁判では、吉田の報告を知りながら、安全対策をとらなかったことが罪に問われ、3人は15メートルという数値が信用できなかった、予見可能性がなかったとして無罪を主張した。

判決は、吉田らの報告から「10メートルを超える津波が襲来するとの分析結果が出ることや、そうした可能性を指摘する意見があることは認識していて、予見可能性がまったくなかったとは言いがたい」としつつも、「3人が当時の知見を踏まえて津波の襲来を合理的に予測させる程度に信頼性や根拠があると認識していたとは認められない。原発の運転を停止する義務を課すほど予見可能性があったとは認められない」としている。

そして、「放射性物質が外部に放出されることは絶対にないというレベルの極めて高度の安全性ではなく、最新の科学的知見を踏まえて合理的に予測される自然災害を想定した安全性の確保が求められていた」として、こう断言する。

「当時の社会通念の反映であるはずの法令上の規制等の在り方は、絶対的安全性の確保までを前提としてはいなかった」

だから、事故を起こしても無罪。

吉田がこの判決を聞いたら、なにを思っただろうか。

(文中一部敬称略) 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT