新社会人が3・4月に絶対に始めるべき貯金法

人生は「貯める体質を作れるか」が超重要

このように、ズボラな人ほど貯まりやすいというのが給与天引き、自動積み立てという方法の特徴です。ぜひ、新社会人になったときに、天引きを始めてください。

天引き制度の中でも、社会人1年生におすすめなのは、利回りや増え方よりも簡単にできるかどうか、つまり目的や引き出しが限定されておらず、必要なときには解約手数料なども不要で引き出しできるものがよいと思います。

まずは少額でもよいので始めて、貯め癖をつけることが大切です。そして、2年目、3年目になったら、改めて天引き制度の種類や内容を確認して、こういうことのためにお金を貯めたいと思えるもの、税制メリットや会社の補助金が出るようなものをうまく活用するよう心がけたいですね。

独身時代の生命保険は資産形成の足かせになる

最後に、私の新人時代のお金の使い方で大失敗だと後悔していることを参考までにお伝えします。

それは、入社3年目、独身にもかかわらず死亡したら800万円が支払われるという生命保険に加入したことでした。当時は社会人になったら生命保険に加入するものという間違った認識が、常識に近い形で浸透していたため、何も考えずに月1万2000円の保険料を払う契約をしました。

冷静に考えれば、私が扶養している人はおらず、親は死亡保険金を受け取りたいなどと思っていなかったと思います。保険という金融商品の価値が「めったに起きないけれど、もし起きてしまったら自分の資産ではまかなえないようなことに対して備える」ものであることがわかっていませんでした。

結局、その事実に気づいたのは加入してから20年後、300万円近く払い込みをした後でした。契約した当時は年7%近い金利の商品があったことを考えると、その300万円を増やす手段はいくらでもあったのにと、悔しい思いをしました。

保険はあくまでも保障のために使うもの。資産形成には不向きです。若い人ほど、これからの人生の選択肢を広げるために、自由に使える状態でお金を保有しておくことは大切です。そんな観点から資産形成していただきたいと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT