外国人の「不法就労」が今でもやまない深刻実態

労働者を食い物にする悪質ブローカーも存在

太田市で製造業を営む経営者は、将来への危機感を募らせる。

「アジア系の労働者たちは長くても2、3年でいなくなり、彼らのコミュニティーで評判が回るのは早い。継続的に働き手を確保するためにも、地域全体や企業努力で外国人の方に“選んでもらう”必要がある。そうしないと人手の確保は不可能で、私たち中小企業に未来はない」

群馬県の太田、大泉町といった地域には、多くの派遣(人材紹介)会社が点在している。大泉町のあるアジア系の人材紹介会社では、登録者が搾取に耐えかねて騒動を起こし、トラブルが発生したという事例もあったという。労働力を確保するために海を渡ってきた彼らは、限界を超え、日本に対してネガティブな感情を持っているのかもしれない。

日本は外国人労働者に優しい国なのか

その一方で改正入管法に伴い、新たな在留資格ができるなど、日本において今後はさらなる外国人の受け入れは拡大する。

「日本は本当にすばらしい国ですが、外国人労働者に優しい国とは思えません」(ある外国人労働者)

彼らの訴えは、私たち日本人にとって、決して他人事ではないのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT