臨時休校、「iPad」活用の先行事例に何を学ぶか

公立校で初めて導入、成績が上がった熊本市

「国語の物語文『ごんぎつね』を音読し、これに合う音楽をつけようという授業にチャレンジしました。今までは音読を宿題としていましたが、生徒によってその量はまちまちでした。しかし音楽を付けることになると、勝手に音読を何度もして、その場面の登場人物の気持ちを深く読み込むようになった。結果、本質を突く理解に発展しました」(山下先生)

単元テストの物語の平均点は80点程度だったが、「ごんぎつね」では95点になり、それまで余り点数が伸びなかった漢字や文法のテストも点が取れるようになった。上位の子たちは変わらなかったが、それまで点を取るのに苦労していた子も95点取ったことは、驚きとともにうれしかったという。ICT教育による授業の変化は、テストの点数にも表れたのだ。

「教員としても、自分の解釈を押しつけなくても、子どもたちが自分たちなりの解釈をし、子ども同士で話し合うようになりました。全員が考え、自分たちで問いを持つようになりました。その問いを証明するためにどうすればよいのかを提案し、自分たちで解決する。わかった生徒は喜んでわからない子どもに説明する。個人個人を見られるようになりました」(山下先生)

1人1台はもはや必須に

熊本市立楠小学校は、2018年夏からiPadが先行導入され、3人に1台の体制で整備された。しかしiPadの活用が進んでいくと、クラスごとにiPadの取り合いになっており、譲り合いながら授業で活用しているのが現状だ。その様子からもわかるとおり、いったんICTを授業に取り入れ可能性が広がった教育現場にとっては、1人1台の体制を整備することは急務だ。

山下氏は、iPadだったのでこのような活用ができたという。もし導入されたデバイスが可搬性に乏しくカメラでの撮影・編集機能が充実していないパソコンだった場合、授業の幅は狭まると指摘する。キーボード入力を学ぶことも重要で、ローマ字の単元で取り入れているが、それ以外の場面ではタブレットならではの、自由に動き回って活用できる強みがある。また、1クラス30人分の端末を、子どもたちが3人ほどで手分けして準備できるのも、iPadならではの機動力だ。

「先生だからといって、自分ができるようにならないと教えられないわけではないと思います。子どもたちのほうが習得が早いので、一緒に学んでいく、あるいは教えてもらうぐらいでいいのではないでしょうか」と、山下氏は子どもとともに試行錯誤のプロセスから授業スタイルをつかんでいく成功パターンを示してくれた。

そのためには、ある程度自由にデバイスを与えて、子どもに創意工夫させる部分があるかどうかがポイントとなる。管理は必要だが、制限が問題を解決するわけではない。道具として使いこなすことを学べるかどうかが本質だ。

そのため、教育委員会や学校、教員も、ICTを使うことそのものにこだわったり、振り回されたり、目的化せず、子どもたちの意欲や試行錯誤、気づき、発表などの機会を伸ばしていくことに注目すべきだろう。

山下氏は2020年度に向けて、LTE対応のiPadを武器に、学びの中に内外とのコミュニケーションを活発に取り入れていく挑戦をしていくという。ICTを味方につけた学びはどんどん加速し、そうでない学習との差は広がる一方になっていくだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT