世界最大級の映画見本市「AFM」潜入リポート《ハリウッド・フィルムスクール研修記10》


 11月上旬の1週間、サンタモニカは世界中からの映画関係者であふれ返ります。北米最大の映画見本市「アメリカン・フィルム・マーケット」(AFM)が開催されるためです。

約400社の製作・配給会社が合計1000以上の映画を出展し、世界中のバイヤーが買い付けにやってきます。サンタモニカビーチ沿いにある高級ホテル「Loews Hotel」の全室が、出展各社のミーティングルームとして姿を変えます。

AFMはその規模にもかかわらず、カンヌやベルリンといった映画祭に比べると一般的な知名度は高くありません。それは、カンヌ等の映画祭では一般のお客さんも入場可能なプレミア試写(映画の初お披露目)が大々的に行われニュースになる一方、AFMは映画の売買に特化し、業界関係者のみを対象としたコンベンションであるためです。

ただし、業界では、この不況下においても、「カンヌとAFMだけは足を運ばねば」と言われる重要なマーケット。この大イベントに大学院の研修の一環として、出展企業のインターンの立場で潜入することができました。

インターン先はAFMの最注目企業

そもそもの前提として、AFMで売買される映画は「インデペンデント映画」と呼ばれる作品群です。日本では「アート系」「単館系」と言ったほうがなじみ深いでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT