日本でiPhoneの売り上げが「不振」に陥ったワケ

新型コロナウイルスがアップルに与える影響

国の規制がビジネスに影響を与えるのは、日本だけの話ではない。

例えば欧州では、電子機器のゴミを減らすため、スマートフォンの充電ケーブルをUSB-Cに統一する法案を可決した。アップルは2012年からLightningポートを採用してきたが、方針転換の可能性も出てきた。しかも、その理由は環境問題と言うことで、アップルも方針転換しやすいかもしれない。

そのアップルは、現在世界的に拡大が続いている新型コロナウイルスは、業績の押し下げ要因になるとの見方をしている。

新型コロナウイルスという「不確定要因」

2020年第1四半期決算の電話会議で、新型コロナウイルスに関する質問が飛んだ。これに対して、次の期の売上高のガイダンスが売上高630億〜670億ドルと幅がある点は、「新型コロナウイルスへの懸念と不確実性」を織り込んでいるためとしている。

中国市場はアップルにとって、2つの意味合いがある。アメリカに次ぐ第2の消費国である点、そして多くの製品の組み立てやサプライヤーが集中する国である点だ。その双方でアップルのビジネスを毀損する可能性が高い。

アップルは中国内の直営店と事業所を2月9日まで閉鎖することを決めた。中国国内ではそのほかの店舗も閉まっていることを考えると、その間アップルは中国での売り上げを失うことになる。1週間店舗が閉まると、アップルの売り上げは8億5000万ドル減少すると試算できる。2月10日に開店できるかは不透明だが、閉鎖が解かれても、消費が回復するとは考えにくい。

中国は春節の休暇を1週間延長しており、1月末の決算発表の際には、アップルに関連する工場は2月10日から工場が稼働すると述べていた。しかし感染と死者数は拡大し続けており、むしろ状況は悪化しており、そのとおりになるかは微妙だ。

そこで問題となるのが、製造が需要に追いついていない製品の売り上げへの影響だ。アップルは現在、Apple Watch Series 3とAirPods Proで品薄状態が続いている。いずれも急成長を遂げているウェアラブル部門に属する製品で、iPhone不振をカバーしてきた。

Apple Watch Series 3については2020年第2四半期に品薄状態が解消するとしてきたが、工場の稼働が遅れれば難しくなる。また3月には新製品も予定されているとみられ、とくに廉価版iPhoneのような戦略商品が出遅れると、2020年の業績全体に影響を及ぼしかねない。

2020年のアップルは、各国の規制や新型コロナウイルスといった外的要因との戦いが強いられることになった。事態の打開に向けて、グローバル企業がどんな貢献をするのかについても、より開かれたアイデアで検討すべきだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT