シンガポール、仮想通貨を規制へ

金融管理局、仲介業者へ報告を義務付け

3月13日、シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行に相当)は、マネーロンダリングやテロ組織の資金調達で仮想通貨が利用されるリスクを回避するため、規制を導入する計画だと明らかにした。ベルリンで1月撮影(2014年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[シンガポール 13日 ロイター] -シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行に相当)は13日、マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ組織の資金調達で仮想通貨が利用されるリスクを回避するため、規制を導入する計画だと明らかにした。

MASは、仮想通貨の取引所や両替機の運用にあたり、顧客の身元照会と、疑わしい取引に関する当局への報告を仲介業者に義務付けることを提案している。

MASが規制を導入するのは、ビットコインなどの仮想通貨の安定運用が目的ではない。MASの幹部は「個人や企業は仮想通貨の取引で生じる広範なリスクに留意し、必要な限りの注意を払うべき」と指摘した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT