シンガポール、仮想通貨を規制へ

金融管理局、仲介業者へ報告を義務付け

3月13日、シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行に相当)は、マネーロンダリングやテロ組織の資金調達で仮想通貨が利用されるリスクを回避するため、規制を導入する計画だと明らかにした。ベルリンで1月撮影(2014年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[シンガポール 13日 ロイター] -シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行に相当)は13日、マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ組織の資金調達で仮想通貨が利用されるリスクを回避するため、規制を導入する計画だと明らかにした。

MASは、仮想通貨の取引所や両替機の運用にあたり、顧客の身元照会と、疑わしい取引に関する当局への報告を仲介業者に義務付けることを提案している。

MASが規制を導入するのは、ビットコインなどの仮想通貨の安定運用が目的ではない。MASの幹部は「個人や企業は仮想通貨の取引で生じる広範なリスクに留意し、必要な限りの注意を払うべき」と指摘した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT