佐藤優が説く「下品な人に心削られない働き方」

会社で急増?自分勝手であまりに図々しい人

つねに競争圧力にさらされているビジネスパーソンが生き残るには?(写真:metamorworks/PIXTA)
近年、日本社会が急速に新自由主義化したことで、ビジネスパーソンはつねに競争圧力にさらされています。新自由主義を推進すると弱肉強食の社会になり、格差が一段と拡大。その結果、「メンタル面での不調を訴える人が増えている」と、元外交官で作家の佐藤優氏は指摘します。
社会が厳しさを増すなか、心が折れることなく強く生きるにはどうしたらいいのか? 佐藤氏の新刊『メンタルの強化書』をもとにひもといていきます。

繊細で優しい人は勝ち組になれない

十数年前くらいになりますが「勝ち組」「負け組」という言葉がちまたで盛んに使われ出しました。社会は経済的に恵まれる「勝ち組」と、貧困にあえぐ「負け組」の2つに分化していくということで、はたして自分がどちらの組に入るか?と衆目を集めました。

勝ち組に入るためには何をするべきか、負け組にならないために何をするべきか──。雑誌や単行本、テレビなどでも盛んに取り上げられました。嫌な言葉だと思いますが、最近あまり聞かれなくなったのは、すでに「勝ち組」と「負け組」が決まり、固定化したからかもしれません。

ちなみに可処分所得の中央値の半分以下を「相対的貧困」と呼び、その割合を「貧困率」と呼びます。厚生労働省が出している最新の数字は15.6%(2015年)となっています。1985年の12.0%から漸次上昇しています。

相対的貧困率が高いということは、格差がそれだけ大きいということです。かつて、一億総中流と呼ばれた面影はどこにもなく、今や日本は国際社会の中でれっきとした格差社会となっているのです。

次ページこの状況下で勝ち残っていく人とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT