中外製薬、時価総額で「武田超え」寸前のわけ

血友病治療薬「ヘムライブラ」が支える好業績

時価総額首位の座をうかがう中外製薬。その業績を支えるのが血友病薬「ヘムライブラ」だ(写真:中外製薬)

首位逆転なるか――。売上高で製薬業界6位にすぎない中外製薬の時価総額が、首位の武田薬品工業に迫っている。

1月30日、中外製薬は2019年12月期の決算を発表した。売上高は前期比18%増の6861億円、営業利益は同69%増の2105億円。売上高、営業利益とも過去最高を更新した。

決算発表翌日の1月31日、中外の株価は前日比7%高の1万1265円に急騰した。その後も株価は上昇し続け、2月7日には時価総額6.8兆円に達した。製薬業界で現在首位の武田の時価総額は約7兆円。その差は約2200億円にまで肉薄している。全上場3772社の中でも12位に位置する。

冴えない武田薬品の株価

武田は2018年初に、約6兆円を投じてアイルランドの製薬大手シャイアーを買収すると発表した。5兆円近い有利子負債や減損リスクのあるのれん4兆円を抱えることが嫌気され、株価は2018年に約40%下落した。一方の中外製薬は2018年に株価が約10%上昇。2018年9月に武田を上回る時価総額首位の座に初めてついた。

武田が2019年1月にシャイアー買収を完了し、第三者割当増資による株数増などで時価総額が膨らむと、武田が再び首位の座を回復したが、その後も武田の株価は冴えない。

一方、中外の株価は2019年も2割上昇。2018年初に比べおよそ2倍の水準にある。2020年に入ってからも上昇が続き、時価総額の首位奪回をうかがっている。

次ページ業績好調を支える血友病治療薬
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。