コービー・ブライアントの少し複雑な「栄光」

ジョーダン超えを本気で目指した男の光と影

ロサンゼルス・レイカーズで20年間活躍したコービー・ブライアント(写真:Jason Szenes/The New York Times)

ロサンゼルス・レイカーズで活躍した元バスケットボール選手、コービー・ブライアントが、1月26日にロサンゼルス北部で起きたヘリコプターの墜落事故で死亡した。41歳だった。事故の犠牲者はブライアントを含む乗客・乗員9名。ブライアントは高校卒業後すぐにプロ入りし、20年間レイカーズで輝かしい道のりを歩んできた。

事故では、娘で13歳のジャンナも亡くなった。コービー・ブライアントには妻のバネッサとの間に4人の娘がおり、ジャンナは上から2番目。2人は家族の住まいがあるカリフォルニア州オレンジ郡から、ロサンゼルスの北西約48キロメートルのサウザンド・オークスに向かっているところだった。

ジャンナもバスケットボールのスター選手として開花しつつあり、その日の午後の試合に参加を予定していた。ジャンナのチームはコービー・ブライアントのマンバ・スポーツ・アカデミーに所属しており、コービーがコーチを務めていた。

ブライアントの数々の実績

コービー・ブライアント死亡のニュースは、当然のことながらNBAを揺るがした。NBA選手の多くがブライアントを見て育ったからだ。彼らは、ブライアントが在籍したレイカーズがNBAで5回優勝し、ブライアントが1試合で81得点をあげるのを見てきた。

ブライアントは17歳でNBAに加わってすぐに、大きな存在感を示した。その後20シーズンの間に、オールスターゲームのメンバーに18回選ばれ、2008年にはレギュラーシーズンの最優秀選手に、ファイナルの最優秀選手には2回選ばれた。

こうした実績をあげる中で、2003年には性的暴行で告訴され、世間のブライアントに対する見方も変わった。それでも、ブライアントはNBAファンの間で抜群の人気を誇った。なかでも、ブライアントが20年間レイカーズでプレイし続けて、ほぼレイカーズと同義語のようになっていったことから、ロサンゼルスの人たちにはとくに人気があった。

次ページ入団前から見せた才能
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT