ドコモの顧客流出に歯止め

番号持ち運びはauとソフトバンクが転入超

3月7日、携帯各社の2月契約数純増数は、NTTドコモが26万7900件増となり、2カ月ぶりに首位に返り咲いた。写真は同社のロゴ。2012年5月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 7日 ロイター] - 携帯電話大手3社が7日発表した2月の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数で、NTTドコモ<9437.T>が26万7900件増となり、2カ月ぶりに首位に返り咲いた。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」への機種変更割引サービスや学生向けの割引サービスなどが寄与した。

1月にトップだったソフトバンクモバイルは26万6000件増で2位、KDDI<9433.T>のauは22万0500件増で3位だった。

携帯電話会社を変更しても同じ電話番号が使える「番号持ち運び制度(MNP)」を利用した転入出は、auが4万1600件の転入超となり、29カ月連続で首位となった。ソフトバンクは9000件の転入超、ドコモは4万8100件の転出超だった。

ドコモは61カ月連続でマイナスとなるが、マイナス幅は2012年8月(4万3300件の転出超)以来1年半ぶりの低水準となり、顧客流出に歯止めがかかりつつある。

卒業・入学シーズンを控えるこの時期は年間最大の商戦期となるため、各社が顧客獲得にしのぎを削っている。ただ、全体の契約数が1億3700万件超と日本の人口を上回る中で、最近では他社からの奪い合い競争が過熱。販売店の店頭では「家族3人で最大21万円」といった高額キャッシュバックのポップも目立っている。

6日都内で行われたフォーラムでは「過熱しすぎている。本来の姿ではない」(吉澤和弘NTTドコモ取締役常務執行役員経営企画部長)、「キャリアがしのぎを削りすぎている」(藤田元KDDI理事渉外・広報本部長)、「年度末で過剰になっているところはある」(徳永順二ソフトバンクモバイル常務執行役員渉外本部長)といった声が相次いだ。

携帯電話会社が3グループに集約されるなか、毎月の利用料金は割高のまま各社横並びで、「入口」の競争だけが過熱している現状に、業界では「歪んだ競争」(業界関係者)と受け止める声も少なくない。

(志田義寧 編集:山川薫)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT