「人生マジで貯めるべきお金」の超簡単計算法

2020年に覚えておけば、誰でも一生役に立つ

やることとは、主に2つです。ぜひ「ライフプランニング」と、「自分の資産全体でポートフォリオ(内容の組み合わせ)を考え、運用方針書」を作ってみることです。そのほうが効率的にお金を増やしていけるからです。早速1つずつ見ていきましょう。

「老後までにいくら貯めるべきか」は、すぐにわかる

まず、ライフプランニングでポイントになるのは、今後必要になる教育費や住宅購入資金などの支出を賄いながら、いかに老後資金を貯めていくかということです。

ライフプランニングの変更時の対処法として、FP(ファイナンシャルプランナー)が使うライフプランニング表を作るという方法もありますが、皆さんがもっと簡単に「いくら貯めなければならないか」を知る方法があります。それは、「人生設計の基本公式」(経済評論家の山崎元さんと筆者で考案したものです)を使って、その中の「現在資産額(A)」で調整することです。

例えば、「現在資産額(A)」が200万円のときに子供が生まれたとします。子供の教育費を1000万円と想定すれば、1000万円を差し引き、200万円-1000万円=-800万円になります。これをもとに新しい「必要貯蓄率(S)」を求めてください。

実は、西岡さんは、離婚をすることになってご相談にこられました。このライフプランの変更は、どのように計算式に反映していけばよいのでしょう。

婚姻中に築いた財産は、基本的には折半になりますので、「現在資産額(A)」は半分とし、かつ、医学部を目指すお嬢さんの教育費として2000万円を差し引きます。

また「年金額(P)」は、夫婦の年金額を合算して計算していましたので、1人分にして計算し直す必要があります。途中の経過は省きますが、計算した結果、これまで19%だった「必要貯蓄率(S)」は24%になりました。

もし、この貯蓄率が高すぎると思えば、老後の生活費を少し抑えることで、必要貯蓄率を下げることができます。西岡さんは、リタイアまでに住宅ローンを完済できるため、「老後生活費率(X)」を下げました。「必要貯蓄率(S)」は17%になり、現役時代でも、ゆとりが生まれます。

次ページ必要貯蓄率がわかったら?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。