電車内の迷惑、背負いリュックに代わる1位は?

「せき」や「くしゃみ」は初登場6位に

一方で、2010~2017年度に1位、2018年度に2位だった「騒々しい会話・はしゃぎまわり」は今回5位に。

「そもそも会話をしている当人同士は自分たちの声が周囲の迷惑になっていることに気づいていないことが多い」(民鉄協)。また、「騒々しい会話」のレベルは車内の混雑状態によって変わってくるため、乗務員が注意しにくい部分もある。そのため、鉄道各社が有効な手だてを講じることができていないとされていた。

にもかかわらずの今回の順位変動。何らかの対策が施された結果かとも思ったが、そうでもないらしい。民鉄協では「分析が必要」としている。

注目したいのは、今回あらたに設問に加わった、「周囲に配慮せずせきやくしゃみをする」が6位にランクインしたことだ。風邪をひいていなくても、思わずくしゃみが出たら周囲の乗客から白い目で見られたという経験がある人は少なくないだろう。

せきやくしゃみの飛沫は最長で4m飛ぶという研究結果もあるという。満員電車でウィルスが飛散したらひとたまりもない。危ないと思ったらマスクをするといったマナーが普及するとよいのだが。

化粧やヘッドホンは年々ランクダウン

7位以下の「ヘッドホンからの音もれ」「ゴミ・空き缶等の放置」「電車の床に座る」「決められた場所以外での喫煙」などは2010~2019年度の10年間で少しずつ順位を下げている。「周囲の乗客が不快だと思う行為は、気をつけるべきマナーとして意識されるようになっていくのだろう」と日高氏は考えている。

17位は「混雑した車内で新聞・雑誌等を読む」。過去10年間では2015年度に13位につけたこともあった。これはマナーが定着したというよりも、電車内で新聞や雑誌を読む人が減ったということだろう。遠くない将来、ランキングからこの項目がなくなる日が来ても不思議はない。

地域別ランキングも同時に発表されている。結果は次のとおりだ。

【関東】
1位 座席の座り方
2位 スマートフォン等の使い方
3位 乗降時のマナー
4位 荷物の持ち方・置き方
5位 騒々しい会話・はしゃぎまわり
【関西】
1位 座席の座り方
2位 荷物の持ち方・置き方
3位 乗降時のマナー
4位 騒々しい会話・はしゃぎまわり
5位 スマートフォン等の使い方

関東・関西とも1位が座席の座り方というのは共通しているが、関東の2位が混雑時の歩きスマホなど「スマートフォン等の使い方」、関西の2位が荷物の持ち方・置き方というのは興味深い。土地柄の違いによるものなのだろうか。機会があればその理由をぜひ分析してみたい。

次ページ最新ランキングと過去10年の変化
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT